t.A.T.u.(タトゥ、タトゥー)不仲、関係悪化で再び解散!ドタキャン劇を回顧録。


t.A.T.u.(タトゥ、タトゥー)不仲、関係悪化で再び解散!

ドタキャン騒ぎで日本でも話題になったロシアの女性デュオt.A.T.u. (ジュリア、レナ)が再び解散を発表した。Facebookに声明文が掲載された。

t.A.T.u.タトゥタトゥー)は2011年に一度解散したものの、現在開催中のソチオリンピックでは開会式直前のショーに出演のため再結成していた。先週にはニューシングルのリリースを発表するなど正式な再結成を果たすものとみられていた。

18日、t.A.T.u.(タトゥ、タトゥー)はFacebookで「ジュリアとレナの全てのコラボレーションは終了しました。ジュリアと彼女のチームが、レナに圧力をかけたためです。残念ですがt.A.T.u.(タトゥ、タトゥー)の新しい章は、始まる前に終わってしまいました」との声明文を掲載。今後行われる予定だったイベントは全てキャンセルになったことが併せて発表された。

レナは「ジュリアのわたしに対するふさわしくない対応が原因で、二人が将来的にコラボレーションすることは完全に不可能になってしまいました。ジュリアはわたしを誹謗中傷しただけでなく、t.A.T.u.(タトゥ、タトゥー)に関するクリエイティブな決定を全てジュリアと彼女のチームに委ねない限り、わたしとはデュオを組まないと最終通告を突き付けたのです」と説明した。

さらに、ジュリアがコネクションを使ってレナ自身のソロ活動を妨害してくるのではないかという不安も明かし、「わたしたちのファンの希望であるt.A.T.u.(タトゥ、タトゥー)の再結成が実現しないことを悲しく思います。理解していただければと思います。いつも応援してくれてありがとう」と気持ちを述べた。なお、この件に関してジュリア側のコメントは一切載せられていないため、ファンからは「ジュリアの意見も聞きたい」という声も上がっている。

【編集部の感想】
かつて日本においても度重なる奇抜な言動で有名になり、ミュージックステーションをドタキャンしたことによって認知度も急激に増した二人だったが、未だに“お騒がせ”な二人であることに変わりはないようだ。これだけお騒がせな二人がゆえに、解散や再結成を繰り返しても世間の驚きは少ないだろう。(Text*Toko)