高島彩(アヤパン)病院で無事出産。性別は女児。ゆず北川悠仁と喜びの声を夫婦連盟で発表。


高島彩、出産。性別は女児。ゆず北川悠仁と喜びのこえんを夫婦連盟で発表。

17日午後8時57分、フリーアナウンサーの高島彩(アヤパン)(35)が、人気デュオ「ゆず」の北川悠仁(37)との間に第1子を出産したことが18日明らかになった。性別は女の子。18日は高島の35歳の誕生日でもあった。女児は3128グラムで誕生。所属事務所を通じて、夫婦連名でファクスで発表した。

2人は直筆の署名入りの連名コメントで「小さな命の誕生に、夫婦ともに感謝の気持ちでいっぱいです。産声がくれた大きな喜びを、尽きることのない愛にかえて、大切に育ててまいります。これからも、どうぞよろしくお願いいたします」と喜びの報告。

2人が結婚したのは11年10月。昨年10月、高島アナは妊娠を発表した。妊娠発表直後には切迫流産の危機があり、絶対安静の日々を送っていた。

今年1月に産休に入った時には、「(切迫流産の危機で)動けなかった時は、主人が協力的に家事をしてくれました」と話し、感謝していた。

【編集部の感想】
ソチ五輪のメダルラッシュに続くおめでたいニュース。北川母の宗教問題で、破局の噂もあった二人だが、無事に赤ちゃんが生まれて夫婦の絆もより一層深まったことだろう。この喜びを北川には「ゆず」として素敵な歌にかえていただきたい。
(Text*Toko)