下野佐和子バンダナを頭に巻く理由|全身脱毛症と戦う女子プロレスラー


下野佐和子、バンダナを頭に巻き、全身脱毛症と戦う女子プロレスラー

 

バンダナを頭に巻き、全身脱毛症と戦う女子プロレスラー下野佐和子さんの特集記事が

たくさん報道されています。

下野佐和子さんの人柄、明るさに感動する人が増えているのです。

下野佐和子さんのバンダナと、全身脱毛症と戦う姿勢に注目が集まっています。

 
shimonoatama

 

======

TOPIX
下野佐和子を襲った、全身脱毛症。バンダナで最初はかくしていた
下野佐和子、プライベートではウィッグ姿がかわいい女性

======

 

下野佐和子バンダナの理由

 

バンダナの理由というタイトルで、
本人が公式ブログで発表されています。

 

公式ブログより

【バンダナの理由】

検索ワードといえば、下野佐和子!これが私のブログアクセス数はイチバンな訳ですが、
それにもれなく「髪」、「頭」、「髪の毛」、「坊主」・・・・・等が引っ付いてきているんですね。

そりゃー気になりますよね。
何年かぶりに私を見たお客様なんかは特に気になるはず、デカくなったのはもちろんXX汗
コスチュームも変わり、頭なんかバンダナ付けてるし!みたいな。

気になって売店などで聞いてくるお客様も沢山いらっしゃいます、

「下野選手、頭どうしたんですか?髪の毛出してる方がいいのに~」

「怪我でもしたの??大丈夫???」

などなど、直接聞いて来られた方にはその場でお答えしてます。率直に。

「今、髪の毛ないんですよ、全身脱毛症になっちゃって。」と、

聞かれることに関しては、最初は正直あんまり気分は良くなかった、
というか何だか髪の毛がない自分が恥ずかしかった。
今は、そんな考えを持ってた自分が嫌。無くなってしまったものはもう、仕方ない。

取り戻せないし、そう簡単にこの病気は治りそうにもない・・・根気強く待つしかない。
病院でストレスが原因だって言われても、そんな事言われても!心当たりがないんじゃぁ仕方ない。

決して開き直って、無理に明るく振舞ってるわけじゃないから、ご心配なく^^

(公式ブログより)

 

と綴られています。

ブログではさらに続きがあります。

 

その時になってみないとわからない、その人の気持ちになって考えて、
こういうのって本当に、そうだなって思う。
私もならなきゃわからない事がたくさんあった、いろいろな身体の働き、有難味もわかった。

女性としての命と言われる「髪の毛」をなくし始めた時は、大丈夫、またすぐ生えてくるって!
軽い気持ちでいたけれど数か月経ったころには、全然大丈夫じゃなくなってた。

常に帽子はかぶってるし、鼻の毛だってなくなって守ってくれるものがなくなったわけだから
、風邪や病気にもかかりやすくなってしまった。まつ毛もなくなり、目にすぐ細かいゴミが入るようになった。
毎日にある当たり前の事でも、急に当たり前じゃなくなる。
徐々に自分が当たり前じゃなくなっていったような毎日を過ごしてきた精神状態は正直きつかった。

でも、何が当たり前で、そうじゃないの??って聞かれたら答えられないし・・・・
私は髪の毛がなくなった今になってはこれが当たり前となってる。
一生これかもしれないけど、私の周りにはありがたいことに見た目で判断しないような、素敵な方々ばかり。

人に見られるお仕事をしているし、人にどう見られているんだろう?など気にしちゃうタイプなので、
自分ではわかっていないけど、小さな自分の中での考えがストレスになっちゃったのかなーと。
ストレスの感じ方は人間それぞれですからね。うん。

なんとなく気になって検索していただいていた皆様、下野の髪の毛について解決したかな?

経過報告ではなくなってしまったけれど
、皆様に少しでもご理解していただけたらいいな、と思い記事に残しました。

バンダナというものがあってよかったよ!試合できてるわけだから!バンダナ有難う。
いつかバンダナが取れる日が早いうちに訪れますように、その時はおもいきりはじけるんだ!!

私に関わっている皆様、心配しないでね。

気持ちは常に前を向いてますから、それそうになったら周りのみんなに相談するから。

人生で今が一番つらいけど(たぶん・・・)、めげずに頑張るぞー!

長文にお付き合い頂きありがとうございました♪さ、寝よ、お休みーzzzz

 

shimonosawakobanndana2

 

バンダナというものがあってよかったよ!試合できてるわけだから!バンダナ有難う。
いつかバンダナが取れる日が早いうちに訪れますように、その時はおもいきりはじけるんだ!!

 

shimonouiiguiig

 

バンダナというものが、
下野佐和子さんにとって、大切なものであるというのが、

この一文でわかると思います。

これからも応援していきたいと思います。