森三中・大島美幸“妊活”で休業。不妊・流産の苦い経験をバネに…。


森三中・大島美幸が“妊活”で休業を正式発表「赤ちゃんを授かることを願い、頑張る」

30日、人気お笑い芸人・森三中の大島美幸(34)が不妊流産の苦い経験をバネに、“妊活”に専念し、5月6日収録『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を最後に、芸能活動を一旦休業することがわかった。所属事務所のよしもとクリエイティブ・エージェンシーがFAXで正式に発表した。

事務所によると休業期間中は、『ESSE』(扶桑社、月刊誌)の連載、『からだの本』(オレンジページ、季刊誌・年4回発行)の連載、『福福荘の福ちゃん』大島主演映画(本年度公開)のプロモーション活動、『継続中のCM撮影』を除き、ほか一切の芸能活動を休止するとしている。

【大島コメント全文】

私、森三中 大島美幸は一旦芸人としての活動を休業し、妊活に専念させていただきたいと思っております。2年前くらいから、このことを考えていて、昨年2013年になってすぐ、まず森三中とマネージャーに話しました。旦那には2年前くらいに、休業を提案しました。旦那はすぐ賛成してくれました。このような決断をしたのは、やはり流産をしたというのが理由です。妊娠すれば出産できると思っていました。流産して、すべてそうではないことに気付きました。体と心を整え、赤ちゃんにちゃんと居心地の良い場所を提供する。それを怠っていたのかもしれません。仕事柄体を張る仕事も多く、年齢的にも限りがあるので、妊活の為に休業をするという決断は早めのほうが良いと思いました。まずは、夫婦で様々な検査を受ける所から始めてみようと思います。そこからは先生のご指導をいただき、いつか赤ちゃんを授かることを願い、頑張ってみようと思っています。お休みさせていただくまでは、後悔のないよう全力で体を張らせていただきます!よろしくお願いいたします。(大島本人コメント)

【編集部の感想】
大島のコメントを読んで、人気真っ只中の彼女が休業してまで“妊活”に励むという覚悟に強くエールを送りたくなった。女芸人の中でも体を張る芸に関してはトップクラスの大島を見られなくなるのは寂しいが、早く赤ちゃんが授かるように応援したい。(執筆:Okazaki)