三越伊勢丹、ブライダル参入理由|事業会社買収でスピード強化か


三越伊勢丹、ブライダル参入理由|事業会社買収でスピード強化か

三越伊勢丹ホールディングスは7日、ブライダル事業に参入すると発表した。三越伊勢丹がブライダル事業に参入を予定しているのは、来年度という。三越伊勢丹ホールディングスの業態である百貨店では、結婚指輪や引き出物の販売に強みがあったが、こうした経験を生かして式場選びや新婚旅行などを含めた全体的なコンサルティングに乗り出す。ブライダル事業会社の買収も検討しているという。

mitsukoshi

TOPIX
======
三越伊勢丹、ブライダル参入理由|事業会社買収でスピード強化か
======

三越伊勢丹ホールディングス

株式会社三越伊勢丹ホールディングスは、日本の百貨店の純粋持株会社。同社傘下として三越伊勢丹をはじめとする各地方の百貨店運営会社などを所有している。 日本国内にある政令指定都市のほぼすべてに出店しているほか、世界進出でも長い歴史を持ち、成功している。

三越ブライダルに

三越

百貨店が、結婚指輪や引出物の販売に強みがある経験を活かして、ブライダル事業に参入するのは賛成だ。その中でも、百貨店の中でも全国に販売店舗をもち、資金力も潤沢な三越伊勢丹ホールディングスが先陣をきってブライダル事業に参入。事業会社買収で、一気に、ブライダル事業で影響力をもってくることは想像にかたくない。

三越ISETAN

今後の三越伊勢丹ホールディングスの動きに注目したい。