香川伸行 生活保護|ドカベン死去


香川伸行 生活保護について解説

kagawa

 

TOPIX
香川伸行 生活保護?|ドカベンは生活保護をうけていた?
香川伸行 生活保護 うどん?|ドカベン讃岐うどんが人気?

 

香川伸行 生活保護について

ドカベンの愛称で知られた、香川伸行選手は生活保護をうけていた。

経緯はこうだ。

2002年に地元福岡市博多区で居酒屋を開業したが、

急性腎不全を患い、長期療養を余儀なくされ閉店。

自宅が競売にかけられ、香川伸行さんは、自己破産。

香川伸は生活保護をうけていた。

2度の離婚、腎不全による人工透析をうける通院の毎日。

波乱万丈の人生であった。

 

「ドカベン」の愛称で知られ、プロ野球の南海ホークス(現福岡ソフトバンクホークス)で活躍した香川伸行氏(49)が自己破産していた。3日発売の「週刊文春」が報じている。
 02年に福岡市博多区に居酒屋を開いたが、急性腎不全を患って長期療養を余儀なくされ閉店。福岡県筑紫野市の自宅は08年に市に差し押さえられ、2300万円を融資した住宅金融支援機構が競売を申し立て、不動産業者が落札していた。
 香川氏は4月に行われる同県太宰府市議選への出馬が取り沙汰されていた。自己破産しても立候補はでき、同誌に「前向きに検討している」と述べている。

 

香川伸行さんはうどんを販売していた。

dokabenudon

どかべんの作者、水島新司がパッケージをデザインした讃岐うどんの通信販売も手がけた。

その名も、ドカベン讃岐うどん。

こちらの事業は、

地元讃岐では、お土産として人気を博していたという。

 

香川伸行 ドカベンについて

香川氏は大阪・浪商高の捕手として79年に春、夏の甲子園大会に出場。巨体が水島新司氏の野球漫画「ドカベン」の主人公・山田太郎に似ていたことで話題に。80年に南海に入団し、ダイエーホークス時代の89年に引退。
通算成績は714試合で打率・255、78本塁打、270打点。

あらためて、ニュース概要を確認しよう。

【参照記事】

「ドカベン」の愛称で親しまれ、プロ野球南海(現ソフトバンク)で強打の捕手として活躍、引退後はテレビのバラエティー番組でも人気を集めた香川伸行さんが26日、福岡市内で急死した。52歳だった。関係者によると、死因は心臓発作という。ユーモラスな体形と人懐っこい笑顔で野球界のスター像を覆した人気者が、あまりにも突然に天国へ旅立った。

 巨人のセ・リーグ3連覇が決まり、全国のG党が歓喜に包まれたその日、突然の訃報が球界を駆け抜けた。

 関係者によると26日、外出先から福岡市内の自宅に戻った夫人が、倒れている香川さんを見つけた。すぐに病院へ搬送されたが、死亡が確認された。死因は心臓発作とみられている。
 
 香川さんは急性腎不全のため、長期間にわたる療養生活の経験があり、最近も週3回の人工透析を行っていた。加えて心臓疾患とも闘っていたという。

 それでも野球関係を中心とした仕事は続け、2日前には東京都内で行われたプロ野球OBが集うイベントにも顔を出したばかり。訃報を受け取った出席者の1人は「信じられない…」と絶句した。

 香川さんは大阪・浪商高で、後に中日などで活躍する牛島和彦さん(53)とバッテリーを組み、1978年春、79年春夏の甲子園で耀きを放った。当時1メートル72、95キロ。アスリートとは思えない丸々と太ったユーモラスな体形から本塁打を量産、その姿が野球漫画「ドカベン」の主人公・山田太郎に似ていることから「ドカベン」の愛称が定着した。それまでのスリムでカッコいいヒーロー像を根底から覆す、異色の人気者だった。

 80年ドラフト2位で南海に入団。野球センスは非凡だったが、同時に食べ過ぎによる肥満が常に問題視された。一時は体重130キロを超えたこともあり、膝を痛めたことが原因で89年、27歳の若さで現役生活にピリオドを打った。

 引退後は製麺通販業、居酒屋経営などに携わる一方、テレビでも活躍。TBS系人気番組「オールスター感謝祭」で司会の元タレント、島田紳助さん(58)とのやり取りは爆笑を誘った。だがその裏で病魔との闘いも続き、引退後も波瀾(はらん)万丈の人生を送っていた。
(サンケイスポーツ)