はるかぜちゃんこと春名風花、黙れカスという記事掲載のサイゾーにツイッターで反論


“はるかぜちゃん”こと女優・タレントの春名風花が、黙れカス発言に反論

はるかぜちゃんこと、春名風花が、11日にネットメディア(サイゾー)に掲載された記事に対して春名がTwitterで訂正を呼びかけた。同記事はTwitterを活用している芸能人について書かれたコラム的な内容で、その本文中に春名の発言として「黙れカス」との言葉が記載されていた。

これに対し、春風は「わたしは人に『黙れカス』などと言ったことはありません。訂正して下さい」と訴えた。

たびたびネット上でバッシングや誹謗中傷を受けている春名だが、そうした相手に反論するときも、「誰に何を言われても、どんなに汚い言葉でののしられても、私は汚い言葉だけは使わないように頑張ってきたの。それだけはずっと我慢してきたの。どんなに悲しくても悔しくても、汚い言葉を使わないことだけは守ってきたの。その気持ちをふみにじらないでください。お願い…」と、自身の発言には強い信念があるという。

それだけに、今回の記事に対する無念さも大きかったようで、「やってもいないことをやったとか、言ってもいないことを言ったとか書くのをやめてください。お父さんやお母さん、おじいちゃんやおばあちゃんに心配かけたくないんです。お願いします。お願いします」と再び訂正を求め訴えた。

なお、今回の記事中に記載された「黙れカス」との発言は、春名について語った識者のコメントとして掲載されている。春名か識者のどちらかに記憶違いがあったのかもしれないが、「言った」「言わない」の水掛け論が決着するケースは非常に稀だ。

【はるかぜちゃん公式ツイッターアカウント】

はるかぜちゃんのtwitterアカウントはこちら

【編集部の感想】
ネットで炎上しまくっている“はるかぜちゃん”。その発言はどこか大人びていて、どんなに批判的なコメントに対しても冷静にコメント返しをしている彼女はとても強い女性だと思う。大人でも思いつかないような発言やその感性はきっと彼女の大きな武器だ。今回の件に関しては、記事を書いた識者の記憶違いだっとことを望みたい。(Text*Toko)