萩本欽一、タモリといいともで共演。「タモリのこと嫌いだった」と告白。


萩本欽一が、タモリといいともで共演。「タモリのこと嫌いだった」と告白しました。

14日、フジテレビ系『笑っていいとも!』(月~金 正午)の人気コーナー「テレフォンショッキング」のゲストで、今年芸歴50周年のタレント・萩本欽一(72)が初出演した。萩本は冒頭でタモリと握手を交わしたが、過去にタモリが突然自宅を訪れた逸話を話し、「それ以来タモリが嫌いになった」と笑顔で告白した。

初登場の萩本は、タモリが「いいとも」をスタートさせる前に、タモリが萩本の自宅に遊びに来たことを告白。よそよそしいタモリに「そんなに固くなることないじゃん。昔は近所のお友達だった」と話した。

当時、自宅にタモリが来ると知った萩本は、「仕事もあったので断ろうと思ったら、タモリが『やあ』と言いながらすぐ家に入ってきていた」と熱弁。「初めて家に来たからすぐに帰るかと思ったら、ずっと一人でしゃっべてた。そのまま朝までずっといた」と恨み節を炸裂した。さらに、帰ったあともタモリの話でみんなが盛り上がっていたといい、「うちでしゃべって、どっかんどっかん。あれからタモリが嫌いになった」と笑顔で明かし、笑いを誘った。

タモリは「大変失礼しました」と謝罪。「褒められると調子に乗るんです」とたじたじな様子。「萩本さんは…」と呼ぶと、萩本から「昔はそんな丁寧に呼ばなかっただろ」と指摘され、「汗が出てきた」と慌てた。直後に「欽ちゃんは…」とラフに呼びかけると萩本は喜んでいた。

トーク後半には、“欽ちゃんファミリー”の関根勤と草なぎ剛も登場し、過去の思い出話で盛り上がった。また、萩本はいいともの最終回について「最後はゲストは誰も呼ばずに、一人でずっとしゃべりな」と提案した。

【編集部の感想】
「いいとも」最終回が近づくにつれて、テレフォンンショッキングに登場するゲストについてもかなりの話題性がある。芸能界でタモリ側がたじたじになる相手はもうそんなに多くないだろう。最終回のゲストは一体誰なのか。そしていいとも後番組にもかなり期待が高まる。(Text*Toko)