G・G・佐藤外野手就職の一般企業の会社名は|父が実業家千葉県市川市の企業


G・G・佐藤外野手就職の一般企業の会社名は|父が実業家千葉県市川市の企業

 

G・G・佐藤外野手が、一般企業への就職をきめた。会社名は株式会社トラバース。実父が経営する会社。G・G・佐藤外野手は、島耕作・サラリーマン金太郎の様に日本一のサラリーマンを目指すと、発表、第二の人生をスタートさせる。

 

ggsato一般企業に就職

TOPIX
======
G・G・佐藤外野手の就職した一般企業は、どこでしょうか?
======

 

G・G・佐藤(佐藤隆彦=さとう・たかひこ)選手が就職した一般企業はどこ?

G・G・佐藤外野手の就職した一般企業は、どこでしょうか?
G・G・佐藤外野手の就職した一般企業は、株式会社トラバース。
千葉県市川市にある会社で、G・G・佐藤外野手の父親が社長をしている会社の様です。

G・G佐藤外野手の就職先はこちらと思われます。

佐藤外野手の就職した一般企業|株式会社トラバース

株式会社トラバース

売上高131億円
資本金1億円
従業員400名
ということで、地場の企業ながらも堅実な会社への転職ですね。

G・G・佐藤外野手は、一般企業のサラリーマンとして第二の人生をスタートさせるが、すばらしい野球人生をおくれてとても幸せだった、これからは、日本一のサラリーマンとして、島耕作、サラリーマン金太郎のように世界にはばたきたいとコメントを寄せています。

あらためて、G・G佐藤外野手のニュース概要をふりかえりましょう。

「ニュース概要」

ロッテから戦力外通告を受けたG・G・佐藤外野手(36)が、今季限りで現役を引退することが9日、分かった。今後は一般企業で会社員として、第二の人生をスタートさせる。
法大から03年ドラフト7巡目で西武に入団。長距離砲として活躍し、明るいキャラクターと、お立ち台での「キモティ~!」の決めセリフで人気者に。だが、日本代表として出場した08年の北京五輪では外野守備でミスを犯し、11年には西武を戦力外となった。一気にどん底を味わったが、イタリア・ボローニャなどを経て、12年オフに西武時代の恩師・伊東監督が率いるロッテにテスト入団。再び2年間のプロ野球生活を送った。
「野球選手は卒業するけど、これからも“キモティ~!”と絶叫できるように頑張っていきます」。既に一般企業への就職も決まり「目指すは日本一のサラリーマンだ!」と宣言。最近は人気漫画「サラリーマン金太郎」や「島耕作」を読んでいるそうで「今まで、ファンのことを第一にやってきた。これからは“顧客第一”でサラリーマンの頂点を目指すよ」と誓った。球界のエンターテイナーを自称する和製大砲は、G・G・佐藤から「佐藤隆彦」に戻る。

 

G・G・佐藤(佐藤隆彦=さとう・たかひこ)

1978年(昭53)8月9日、千葉県生まれの36歳。
桐蔭学園―法大―フィリーズ1Aを経て、
03年のドラフト7巡目で西武に入団。
11年に戦力外となり、イタリア・ボローニャなどを経て、
テスト入団で13年からロッテに加入。
通算成績は587試合、打率.276、270打点、88本塁打。
1メートル84、98キロ。右投げ右打ち。

G・G・佐藤外野手は、今年、ロッテから戦力外通知を受けていて、今季限りでの現役引退が9日わかった。G・G・佐藤外野手は、長距離砲の異名をとり、お立ち台での「キモティ〜」の決め台詞で人気を博していた。

 

gg佐藤キモティ〜

 

G・G・佐藤外野手は、2008年出場した日本代表北京五輪では、ミスをおかし、2011年西武から戦力外通知など、どん底を味わったが、ロッテに再入団。G・G・佐藤外野手の野球人生最後のキャリアロッテでおえることとなった。

 

gg佐藤、北京五輪で痛恨のミス

 

お疲れさまでした。佐藤選手。

日本一のサラリーマン、島耕作、サラリーマン金太郎のようになってくださいね!

これからも応援しています。