V6岡田准一主演映画『永遠の0』ついに「V6」達成


岡田准一主演『永遠の0』が「V6」達成

V6の岡田准一が主演の映画「永遠の0」が公開37日間で興行収入59億円観客動員数は483万人を動員。27日、週末の国内興行ランキングで6週連続1位となり「V6」を達成したことが明らかになった。(興行通信社調べ)

同作は、V6の岡田准一主演の映画で、作家百田尚樹氏のベストセラー小説を実写したものだ。

これまでの観客動員数および興行収入の成績は、一昨年公開された『レ・ミゼラブル』(最終興行収入58.8億円)を上回る記録となる。先日都内で開かれた大ヒット舞台挨拶で主演の岡田は「“V6”を目指す」と宣言し、「僕はV6ですけど。それ以上ヒットしてくれたら」と抱負を語っていた。

【編集部の感想】
ジャニーズでもトップクラスの俳優と名高い岡田准一。完成披露試写会で「命を削りました」と語っていたのが印象的であった。
この勢いを見ると、同作品はV6以上の息の長い興業を展開するだろう。(Text:Toko)