明日、ママがいないに児童養護施設が中止要請。日テレ側「最後までご覧いただきたい」


明日、ママがいないに児童養護施設が中止要請。日テレ側「最後までご覧いただきたい」

15日にスタートの新ドラマ「明日、ママがいない」(日本テレビ系水曜午後10時)に対し、熊本市の慈恵病院が16日、人権侵害だとして放送中止を要請した。

これに対し日本テレビ側は「最後までご覧いただきたい」とコメントした。

ドラマ「明日、ママがいない」は芦田愛菜(9)主演の注目ドラマ。同作は児童養護施設で暮らす、親の愛をなくした子供たちにスポットを当てる。

親が育てられない赤ちゃんを匿名で受け入れる「あかちゃんポスト」を日本で唯一設置している慈恵病院(熊本市)は、「養護施設で暮らす子供や職員に偏見や誤解を与え、人権侵害にあたる」として放送中止を要請する会見をした。赤ちゃんポストに預けられた子供(芦田)が「ポスト」と呼ばれるなど、精神的な虐待・人権侵害だと批判した。

さらに養護施設のシーンでは、職員が子供に対し暴言を吐き、泣くことを強要する場面があり、このようなシーンは現実離れしていて偏見・誤解・差別に当たると指摘。

施設長役の三上博史が

「泣いたものから食べていい」とか「お前たちはペットショップの犬と同じ」などと暴言を吐く場面もあり、放送中止の要請をした。

これに対し、日本テレビ側は

「このドラマでは、子供たちの心根の純粋さや強さ、そしてたくましさを全面に表現し、子供たちの視線から“愛情とは何か”ということを描きたい。最後までご覧いただきたい」とコメントした。

【編集部の感想】
このドラマは芦田愛菜(9)と、 NHK大河ドラマ「八重の桜」で注目を集めた鈴木梨央(8)の共演で、放送前から話題になっていました。確かに過激なシーンや脚色された部分はあるのではないかと思う反面、目を逸らしちゃいけない世界がそこにあるのではないかとも思わせる作品。熊本の赤ちゃんポストに対しても賛否両論あるように、このドラマにも賛否両論あるはずですよね。でも、さすがに里親に引き取ってもらえるように「かわいげ」を教えるシーンは胸が痛みました。抗議に対して、物語はどのような展開を果たすのか気になります。(執筆:Kondo)