シェールオイル 秋田 埋蔵量|住商巨額損失が示唆するものとは。


シェールオイル 秋田 埋蔵量は?|住商巨額損失が示唆するものとは。

shaleoil

 

sumisho

 

TOPIX
シェールオイル 秋田の埋蔵量は?|シェールオイルは日本を救うか。
住商がシェールオイルで巨額損失が示唆することは。
シェールオイルの問題点とは?

 

【ニュース概要】

 住友商事 は29日、今期(2015年3月期)の連結純利益を100億円に下方修正すると発表した。当初予想の2500億円を大幅に下回る。米国で手がけているタイトオイルと呼ばれるシェール層からの原油開発事業での約1700億円の減損損失計上など、資源分野を中心に合計2400億円の損失を計上することが響く。
 2012年9月に事業参加した米テキサス州の原油開発事業は米デボン・エナジー が主導し、住商の出資比率は30%。保有する鉱区の地層が複雑で、当初想定以上に開発コストが掛かることが判明した。
 同事業の北部地域では投資額を回収できるほどの石油や天然ガスの生産は見込めないと判断し、同地域で保有するリース権や井戸、関連設備の売却を決めた。売却先や日程は未定としている。また、南部地域の鉱区については保有を継続するが、開発方針は今後の収益性などを見極めて判断するとしている。
 そのほか、市況の低迷で豪州の石炭事業で約300億円の減損損失を計上するほか、ブラジルの鉄鉱石事業で約500億円、米国でのタイヤ販売事業でも約200億円の減損損失計上の可能性を見込んでいる。税効果等の影響300億円を差し引いた2400億円が減益要因となる。
 同日都内本社で記者会見した中村邦晴社長は「足元の資源価格から大きく下がらなければ追加の減損の可能性はない」と述べた。期末配当を未定としたことについては「実際に決算を締めるまで何が起きるか分からない。今は未定とする」と話した。
先に記者会見した猪原弘之最高財務責任者は、今回の多額の損失を計上したことを受けて同日付で社内に経営改革特別委員会を設置したと説明。減損計上の原因究明や資産ポートフォリオの見直しなどを進める考えを示した。同社は全体の資産に占める資源事業の比率が他の総合商社と比べて低く、資産比率の引き上げを目指すこれまでの方針は「白紙にする」という。

想定外の減損

 大和証券の五百旗頭治郎シニアアナリストは「ここまで大きな減損額になるとは想定していなかった」と話す。住商は期末で1株当たり25円、年間50円と予想していた配当を未定に変更したが、「引き下げるリスクがあるのは今後の注目点。株主還元がテーマとなっている現在の株式市場からすると残念」と指摘した。さらに米タイヤ事業などで追加の減損懸念が残るとして、「今期の純利益が100億円でとどまるのかは不透明」だと語った。
 住商の業績下方修正を受け、格付投資情報センター(R&I)は同社の格付けの見通しを従来の「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。R&Iは格付け引き下げを発表したリポートで「利益蓄積が進まない一方、今期の新規投資は計画通り行う方針でリスク耐久力の低下が避けられない」と指摘した。
 そのうえで、リスク管理態勢が機能せずに、今後も減損処理が発生するなどして格付けにかなり見劣りする利益しか確保できないような場合には「格下げの公算が大きくなろう」との見方を示した。(ブルームバーグ)

 

シェールオイル 秋田の埋蔵量は?|シェールオイルは日本を救うか。

1日に35キロリットル生産を予定。

これはどのような数字なのだろうか?

 

「参照元:Oil & Gas Financial Journal」

JAPEXによると、秋田県全体のシェールオイルの埋蔵量は最大で1億バレルにものぼると推定している。この埋蔵量は国内年間石油消費の約8%に相当する。今回の福米沢油田の実証試験によっては、生産量が大幅に増加すると『Oil & Gas Financial Journal』は報じている。(newsphere)

 

夢のように語られているが、

埋蔵量は、国内年間石油消費の約8%。

1年を365日とすると、8%というと、29.2日・・・・

わずか、29.2日分である。

29.2日分で採掘したら枯渇である。

まったくナッシングになってしまうのである。

それに多額の税金をつっこんで、

あたかもシェールガスが日本を救う!

秋田を救う!っていているが、まったく、お話にならない。

そうは思いませんか?

 

石油資源開発は5月23日、地下深くの岩盤に含まれるシェールオイル採取の実証実験に向けて、秋田県男鹿市の福米沢油田で掘削作業を始めた。6月下旬まで掘削して岩石の性質や強度を調べたうえ、11月から岩盤を破砕し、早ければ年内にもオイルを採取する。産出量などの条件が整えば商業生産を始める予定だ。
 地中1300メートル付近にあるオイル層まで井戸を掘り、さらに水平方向に約650メートル掘削する。北米で普及している、化学物質や砂を含んだ高圧の水を送り込んで岩盤を砕く「フラクチャリング」(水圧破砕)という方法での採取を目指す。
 石油資源開発は4月、同県由利本荘市の鮎川油ガス田で国内初となるシェールオイルの商業生産を開始。国内の原油生産量の約1%に当たる1日35キロリットルを生産している。鮎川では、既存の油井から岩盤層に酸を注入し、鉱物などを溶かす方法を採用した。
 福米沢油田では、水平の方向にも掘削することで、掘削対象となる岩盤の範囲が広がる。このため実験が成功すれば鮎川よりも多量のオイル産出が見込めるという。(日本経済新聞)

 

シェールオイルの問題点とは?

シェールオイルを採掘することでおこる問題が2点ある。

1点目は、水質汚染

2点目は、プレートのゆがみによる、大地震や、地滑り発生

である。

 

みなさん、新たな公害発生の危機が近づいていますよ。

化学物質が地中に堆積し、周辺にある飲料用の地下水に漏れ出して、

蛇口に火を近づけると炎が出るケースの写真です。

天然ガスが、地下水に漏出したものと考えられています。

shaleoil

また、

地震も誘発しているというデータが

地質学者から指摘されています。

 

住商がシェールオイルで巨額損失が示唆すること|格付けがネガティブに引き下げか

格付投資情報センター(R&I)は同社の格付けの見通しを従来の「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。R&Iは格付け引き下げを発表したリポートで「利益蓄積が進まない一方、今期の新規投資は計画通り行う方針でリスク耐久力の低下が避けられない」と指摘した。
 そのうえで、リスク管理態勢が機能せずに、今後も減損処理が発生するなどして格付けにかなり見劣りする利益しか確保できないような場合には「格下げの公算が大きくなろう」との見方を示した。(ブルームバーグ)

 

住商株の格下げが濃厚だ。

利益低下と、損失の形状により、

リスク耐久力の低下が避けられないとの判断からだ。

シェールオイルが、あたかも、世界を救うか?

そして、資源の乏しい日本において、

シェールオイルは日本を救うか?

という論調で、投資家を含め、大きな風呂敷が広げられた感は否めない。

数字は、正直だ。2400億円の損失確定かつ、

今後も回収のめどがたっていないのだから。

しかし、蛇口の水に火がつく写真は強烈ですね。

今後も、シェールオイル、シェールガスに注視していきましょう。

 

人気記事はこちら


上原多香子 夫 他殺 関東連合が関与か